たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

五箇山:岩瀬家2

★今日は五箇山の岩瀬家の様子をお届けします。


★囲炉裏のあるお部屋に入る前の襖です。
部屋自体もとっても広いので襖も長くてすごく見栄えがあったりなのです^^






★囲炉裏のあるお部屋から上の階へ行けます。
階段のようなはしごのような階段を登って2階へ行きます。(この写真は2階から3階へ行く階段だったはずなのですがこんな感じの階段なのです。)




★2階はこんな感じです。
広い空間に当時使っていた物などが展示しています。
昔は蚕を飼ったりして暮らしていたそうです。
床板が透かしの目並になっているのは、春蚕時に下の炉からの暖をとり通風を良くする為とのこと。

煤の作る独特の黒さがとってもキレイなのです^^








★これは上を見上げた写真です。
合掌造りはすべて縄とネソ(まんさくの木)で結びあげ、釘は一切使ってありません。




★合掌造りの三角形の部分の窓を撮ってみました。




★上の写真を撮った場所に行くために使った階段・・・かなり急でちょっと怖かったりです^^;




★岩瀬家の見学を終わったあとまた囲炉裏のある場所で岩瀬家のお母さんがこきりこ踊りやお歌を歌ったくれたりしました。

(はやし)まどのサンサもデデレコデン
      はれのサンサもデデレコデン

一、筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ
一、踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある
一、向の山を担ことすれば 荷縄が切れてかづかれん
一、向の山に啼く鵯は 啼いては下がり啼いては上がり
  朝草刈の目をばさます 朝草刈の目をさます
一、月見て歌ふ放下のコキリコ 竹の夜声の澄みわたる
一、万のササイ放下すれば月は照るなり霊祭
一、波の屋島を遁れ来て 薪樵るてふ深山辺に
  烏帽子、狩衣脱ぎ棄てて 今は越路の杣刀
一、娘十七八大唐の藁じゃ 打たねど腰がしなやかな

一、想いと恋と笹舟に乗せりゃ 想いは沈む恋は浮く
一、イロハの文字に心が解けて 此身をせこに任せつれ
一、かぞいろ知らで一人の処女が いつしかなして岩田帯
一、向いの山に光るもんにゃ何じゃ 星か蛍か黄金の虫か
  今来る嫁の松明ならば さしあげてもやしゃれやさ男
一、漆千杯朱千杯黄金の鶏一番
  朝日かがやき夕日さす三つ葉うつ木の樹の下に
一、色は匂へど散りぬるを 我世誰ぞ常ならむ
  憂ゐの奥山今日越えて 浅き夢みし酔ひもせず

この歌や踊りは伝統文化として学校でも習うみたいで子供さんも歌えるそうです。


★私達はこきりこの竹の使い方を教えてもらいました^^
「筑」は「竹」の意味である。放下師(大道芸人の一種)が用いた楽器で、五箇山ではすす竹を七寸五分に切り、指先で回しながら打ち鳴らす・・・
のですが、不器用さんの私にはむずかしい><
この異常にキレイな手は私の手ではありませんwうちの相方の手なのです・・・指長いの、うらやましいw




★色々と岩瀬家のみなさんに教えてもらいつつここを後にしました、とても勉強になりました
この後いよいよ目的地の白川郷に入ります・・・

スポンサーサイト
【 2010/04/01 】 富山県 | TB(-) | CM(16)

五箇山:岩瀬家

★今日は五箇山の合掌造りのお家の岩瀬家です。
ここは中を見学させていただけるのでお邪魔してきました^^


★岩瀬家は江戸時代後期に加賀藩の塩硝上煮役である藤井長右エ門により8年間の歳月をかけ建てられた合掌造りのお家です。
現存する合掌造りとしては最大級の規模のお家です。
現在も住居として使われているのですが一部分を見学することができます。

★まずは外観なのです。合掌造りの立派なおうちなのですが気になるのは石碑です・・・




★正面から見ると普通の石碑・・・横から見ると・・・何かに見えませんか?
人の顔の形をしているのです。




★後ろから。
モアイ像みたいですよね^^




★雪深い場所なのでやはり雪から建物を守るために囲いがしてあります。




★中に入ったら壁には笠などと一緒に乾燥した野山の植物が飾られていました。




★そんな植物の中から実を1つ取って見せてもらいました。
これ羽根突きの羽みたいなんですよ。
昔の人はこれで羽根突きをしていたそうです。初めて見ました^^




★合掌造りには必ずある囲炉裏。
ここにもあります。合掌造りは薪で火をおこしています。

この囲炉裏は合掌造りの命的存在で囲炉裏の火で建物をいぶすことによって乾燥させ、シロアリの害を防ぐと同時に木が腐るのを防いできました。

煤も沢山なのですがここの煤はさわっても手につかないんですよ!




★囲炉裏にいらっしゃるのは岩瀬家のお父さんです。
合掌造りのことや色々なお話を聞かせてくれます^^




★これは少し高いところから撮ったお写真なのですが上のお写真はフラッシュをたいてみました。
囲炉裏の煙が沢山でているのがわかると思います^^
木のいい香りがするのですがちょっと目にしみました><

下のお写真はフラッシュきっているので様子がわかると思います^^

※写真に写っている男性のお方は今回お世話になったタクシードライバーさんです。
あすわ交通様
http://po6.nsk.ne.jp/asuwataxi/index.html




【 2010/04/01 】 富山県 | TB(-) | CM(0)

五箇山:流刑小屋

★今日の記事は五箇山の流刑小屋です。

★流刑小屋に行く前に通った道なのですが五箇山に伝わる民謡の踊りに使われる こきりこ と呼ばれる楽器をイメージしたアーチをくぐりました。
実家にもこきりこあるのだけど昔親はここに来たことあるのかなぁ?って思ってみたりです。





★流刑小屋のある場所は斜面が急になってて小さな滝が流れています。




★こちらは看板の前。水もとってもキレイです^^




★五箇山地方の庄川右岸は、庄川の断崖絶壁に隔離されており、加賀藩では流刑の好適地として多くの流刑人を送っていた。重い罪人は、3.6m×2.7mの「お縮(しま)り小屋」に入れられ、住民と語ることさえも出来なかった。

流刑小屋とは罪人を隔離しておく小さな小屋なのです・・・
ちょっと急な階段を登ってゆくとその姿が見えてきます。






★小さな穴から食事などを渡していたらしいです。
今もその穴の中を覗くことができます・・・

覗いてみると罪人がいます。ちょっとお顔が怖いですが><




★今日で3月も終わりますね・・・決算期のみなさんは本当にお疲れ様です。
桜のお話も聞かれる中札幌はまだ白い地面の場所も多々です><
でも1ヶ月もしたら私の住む街もお花の季節です^^
みなさんのお花のお話聞きつつ春が来るの楽しみにしていたりです^^
【 2010/03/31 】 富山県 | TB(-) | CM(14)

五箇山:菅沼合掌造り集落 2

★今日は菅沼合掌造り集落の風景をお届けします。
同じような風景が続いてますがお付き合いくださるとうれしいです^^


★菅沼合掌造り集落では塩硝の館を見学しました。
塩硝とは草と土と蚕糞をまぜた「塩硝土」を土桶に入れて灰汁塩硝を作り、中煮塩硝、上煮塩硝と精製されて出来上がる火薬の元になる素材です。(昔は鉄砲の時代だったので大切な産業だったのです)

建物の中は撮影禁止なので外観だけなのですが・・・




★外壁の雪囲いも立派だったので・・・




★茅葺屋根って使っている茅の太さが建物側と空側では違うのです。
建物側が太いのです。




★お散歩しているときに眺めていたお家の風景です・・・










★合掌造りの集落には貯水している場所も沢山です^^
農業用の貯水のようですが水のある風景にも一役買っていますよね^^




★お土産屋さんの風景もとってもかわいらしいなぁって思った私です^^


【 2010/03/30 】 富山県 | TB(-) | CM(18)

五箇山:菅沼合掌造り集落

★今日は五箇山にあるもうひとつの合掌造り集落の菅沼合掌造り集落の様子をお届けします。
菅沼合掌造り集落は現存する合掌造り家屋は9棟で相倉よりもこじんまりとしている感じなのですがまとまった感じのきれいな風景が眺められます^^

★看板のついたおうちの前で・・・
青空もキレイです♪




★駐車場は少し高い場所にあってその上に雪が積もってるので集落を見下ろせます^^
タクシーのドライバーさんが言うには雪の積もっている季節の特権とのことです。










★ここの集落も道はキレイに除雪されていました。
これだけ雪の降る場所の除雪は大変だと思うのです・・・
そして家が密集して建っているのでキレイに見えます^^










【 2010/03/30 】 富山県 | TB(-) | CM(0)
Thank you for visiting
★ご訪問ありがとうございます。

旅行やお散歩が好きな方、ペットが好きな方、お写真好きな方など、気の合いそうな方とブログを通してお互いのペースで、交流できればとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中ですが、元気いっぱいの毎日♪