たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

勿来の関公園 吹風殿 後編

★今日は前回の続きで福島県いわき市・勿来の関公園の「吹風殿」からお届けします。

前回は内部の様子が中心でしたが、今回は寝殿造の外観をぐるっと。
最初の写真は正面から見た風景です。

04P1410136.jpg


★西対から見た様子。

05P1410159.jpg


★南庭。

09P1410145.jpg

08P1410139.jpg


★正面にある門。
ここから入場します。
門から見えるのは東対です。

02P1410132.jpg


★東対から眺める吹風殿。

06P1410154.jpg


★東対。

20P1410165.jpg


★東対の裏手側に続く道、東透譲殿。

19P1410162.jpg


★東透譲殿の向こうには門があります。

18P1410161.jpg


★裏手から見た吹風殿。
美しい建物です。

17P1410160.jpg


★以上、吹風殿からお届けしました。

14P1410151.jpg

※コメント欄開けてあります、返信は遅くなるかもしれませんが連絡用にご利用くださいませ。

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
スポンサーサイト
【 2017/09/16 】 福島県 | TB(-) | CM(6)

勿来の関公園 吹風殿 前編

★今日は福島県いわき市・勿来の関公園の「吹風殿(すいふうでん)」からお届けします。

03P1410156.jpg

01P1410131.jpg


★吹風殿は平安時代の代表的建築様式である寝殿造の建築物。
平安時代に和歌に多く詠まれた「勿来の関」にちなんで建てられた体験学習施設です。

07P1410143.jpg


★建物を使用していないときは内部の見学の可能です。

10P1410147.jpg

11P1410148.jpg

12P1410152.jpg

13P1410153.jpg


★展示されていた着物と吹風殿の四季。

15P1410150.jpg

16P1410149.jpg


★吹風殿の外観やお庭の風景は次の記事に続きます。

18P1410164.jpg

※コメント欄開けてあります、返信は遅くなるかもしれませんが連絡用にご利用くださいませ。

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2017/09/10 】 福島県 | TB(-) | CM(0)

勿来の関公園 勿来関文学歴史館 第ニ常設展示室

★今日は福島県いわき市・勿来の関公園の「勿来関文学歴史館」からお届けします。
※夏休み前の記事の続きになります。

P1410115.jpg


★勿来関文学歴史館の第ニ常設展示室は「不思議タウンなこそ」。
そこには江戸時代の宿場町の雰囲気を再現した空間が広がっています。

P1410129.jpg

P1410109.jpg


★ちょっとした体験もできるので小さなお子さまと訪ねるのもオススメかも^^

P1410113.jpg

P1410124.jpg


★懐かしい影絵遊び♪

P1410126.jpg


★福笑いかな?!

P1410120.jpg

P1410121.jpg


★お部屋なども細かく再現されていました。

P1410117.jpg

P1410127.jpg


★勿来関文学歴史館は写真的にも楽しめる施設でした!

P1410122.jpg

※体調回復するまでの間コメント欄は閉じさせてください。
更新も毎日はできないかもしれません、申し訳ございません。

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2017/08/18 】 福島県 | TB(-) | CM(-)

勿来の関公園 勿来関文学歴史館 第一常設展示室

★今日は福島県いわき市・勿来の関公園の「勿来関文学歴史館」からお届けします。

01P1410130.jpg


★ここは平安時代から枕詞として歌人に詠まれてきた「勿来関」について学べる歴史館。
入場券を買って扉を開けると、そこには想像よりも楽しい施設が待っていました!

02P1410090.jpg

03P1410089.jpg


★勿来関という言葉について学べる資料等を眺めながら道順に進むととっても美しい空間が視界に飛び込んできました。ここは第一常設展示室、19首の秀歌を音響と映像で楽しめるエリアです。

勿来関の「なこそ」とは、「来ないでください」という意味の古い日本語。
「来たることなかれ」の字をあてて勿来関と表すそうです。

04P1410095.jpg

05P1410099.jpg

06P1410103.jpg

07P1410102.jpg


★第一常設展示室の後は真っ白い道を進み第二常設展示室を目指します。
途中の看板もパチリと。

08P1410105.jpg

09P1410107.jpg


★明日は第ニ常設展示室からお届けします。

10P1410119.jpg

※体調回復するまでの間コメント欄は閉じさせてください。

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2017/08/09 】 福島県 | TB(-) | CM(-)

勿来の関公園 詩歌の小径

★今日は福島県いわき市より「勿来の関公園」までの道程と詩歌の小径の風景をお届けします。

13P1410079.jpg


★勿来関(なこそのせき)は、古代から歌枕となっている関所。
現在のところ所在地はわかっていないのですが、江戸時代初期に福島県いわき市(勿来町関田字関山)に勿来関を見立てるようになり、観光地化が進んだとか…言われているようです。

JR常磐線「勿来駅」を降りると碑があり、勿来の関公園までの看板がでています。
※看板は途中で撮影したもので、駅から公園までは2km以上あります。

02P1410066.jpg

03P1410183.jpg


★駅から公園までの交通機関はなく、歩くか車で行くしかない感じ。
そこのところはちょっと不便…かも。決して歩いて近い距離ではないからね。

04P1410068.jpg


★途中見かけた「筆塚」。

05P1410069.jpg


★2kmほど歩くととってもシンプルな看板が。

06P1410071.jpg


★看板見えた後も少し歩きます。
途中に立派な松の木があったので写真を撮ってみたり。

07P1410072.jpg

08P1410073.jpg


★園内マップ。
まだ整備されていない場所も多々ありました。
公園としてエリア全域を楽しめるようになるのはもう少し先なのかな?

11P1410083.jpg


★やっと公園らしい風景が出会えた場所には、前九年の役・後三年の役と奥州の争いにて勝利をおさめた源義家像が建っていました。

09P1120815.jpg

10P1120813.jpg


★源義家像より勿来関文学歴史館へと続く道は「詩歌の小径」と呼ばれ、勿来関にちなみ詠まれた歌などの碑が立ち並んでいます。

12P1410078.jpg

14P1410080.jpg


★小さな祠の姿も。

15P1410082.jpg

15P1410084.jpg


★義家の詠んだ「吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな」の歌碑もありました。

16P1410086.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2017/07/31 】 福島県 | TB(-) | CM(0)
Thank you for visiting
★ご訪問ありがとうございます。

旅行やお散歩が好きな方、ペットが好きな方、お写真好きな方など、気の合いそうな方とブログを通してお互いのペースで、交流できればとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中