FC2ブログ

たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

ニセコアンヌプリ秋登山 鏡沼から倶知安ニセコ線方面へ

★今日は、北海道ニセコ町・倶知安町にまたがってそびえる標高1,308.2mの活火山「ニセコアンヌプリ」秋登山より、鏡沼散策後半から倶知安ニセコ線との交差点付近までの風景をお届けします。
※2019年10月11日訪問。

01P1470863.jpg


★紅葉の鏡沼散策。
遊歩道を行き止まりまで歩いたら鏡沼入口まで引き返します。

今回の登山ではここが一番綺麗でした。

02PA111987.jpg

03A111986.jpg

04PA111988.jpg

05P1470867.jpg


★鏡沼入口まで戻ったら、登山道に戻りニセコアンヌプリ方面を目指します。
山頂まで3.2km。
途中登山道と交差する北海道道58号倶知安ニセコ線まで1.6kmの行程です。

06PA111965.jpg


★鏡沼は綺麗だったのに一歩登山道に入ると色づきはこんな感じ。
緑のまま枯れ気味になってしまっている木々も多くちょっぴり残念。

07P1470875.jpg


★傘の直径が20cmを超える大きなベニテングダケが綺麗な形で生えてました。
傘開いたものが3つ、まだ開いてないものが1つ、群落でした。

08PA111993.jpg

09PA111996.jpg


★綺麗な苔も。

10PA111998.jpg


★紅葉が美しい北海道道58号倶知安ニセコ線。
普通に車が通る道。

11P1470878.jpg


★道路を渡り再び登山道へ。
少し進むと2つの木が1つに結ばれた姿を発見。
自然ってすごい!

12PA112000.jpg

13PA112001.jpg


★白い幹が美しいダケカンバ。

14P1470884.jpg


★時々写真を撮りつつ登山道を先に進みます。

15P1470887.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2019/11/19 】 北海道:石狩・空知・後志 | TB(-) | CM(0)

ニセコアンヌプリ秋登山 紅葉の鏡沼へ

★今日から数回に分けて北海道ニセコ町・倶知安町にまたがってそびえる標高1,308.2mの活火山「ニセコアンヌプリ」秋登山の風景をお届けします。
※2019年10月11日訪問。

鏡沼経由で山頂に向かうコースで登ります。

07PA111967.jpg


★まず最初は鏡沼まで1.6kmの道のりを歩きます。
登山道入り口付近は紅葉の景色。

01P1470835.jpg


★アップダウンは少なめでのんびり。
白樺の登山道を道なりに。

02P1470839.jpg


★苔むす水の流れ。

03P1470840.jpg


★30分ほど歩くと視界に変化が。
鏡沼入口です。

06P1470841.jpg


★名前の通り水鏡が美しい!

09PA111973.jpg


★ツルコケモモなどの植物が織りなす赤い大地も綺麗。

10PA111971.jpg

11P1470845.jpg


★沼の周りに架けられた遊歩道をカメラ片手に歩きます。

12PA111975_.jpg

13P1470852.jpg

14P1470853.jpg

15PA111979_.jpg

16PA111980.jpg

17PA111982.jpg


★遊歩道の行き止まりまで行った後は道を引き返し戻ります。

18PA111984.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2019/11/18 】 北海道:石狩・空知・後志 | TB(-) | CM(0)

お友だちとニッカウヰスキー余市蒸留所観光 後編

★今日は前回の続きで北海道余市町の「ニッカウヰスキー余市蒸留所」からお届けします。

16P1470095.jpg


★ガイドツアー時に撮影した写真の続き。

研究室として使用されていた「リタハウス」。
一時はカフェとして開放していましたが、今は中に入ることはできません。

10P1010129.jpg


★創業者の竹鶴政孝さんがリタ夫人と共に暮らしていた「旧竹鶴邸」。
余市町の郊外山田町の住居ほ移築したものです。
内部は玄関のみ公開されています(ガイドツアーでは外観のみの見学)。

11P1470079.jpg


★ウイスキー貯蔵庫が並ぶエリアへ。

12P1470081.jpg


★創立時に建てられた「 一号貯蔵庫」は内部の見学が可能。
現在は全26棟でウイスキーの熟成をおこなっています。

13P1470091.jpg

14P1470089.jpg


★見学の最後はウイスキー博物館へ。
ここではウイスキーについての歴史や製造工程を学ぶことができます。

18P1470102.jpg


★有料の試飲コーナーもあり、世界の主なウイスキーが試飲できます。
※無料の試飲コーナーはニッカ会館にあります。

17P1470098.jpg


★さらっとですが、名古屋からのお友だちと歩いたニッカウヰスキー余市蒸留所の風景をお届けしました。

19P1470093.jpg

01P1010121.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2019/07/21 】 北海道:石狩・空知・後志 | TB(-) | CM(0)

お友だちとニッカウヰスキー余市蒸留所観光 前編

★今日は北海道余市町の「ニッカウヰスキー余市蒸留所」からお届けします。
ニッカウヰスキー余市蒸留所は当ブログ4回目の登場ですが、今回は名古屋からのお友だちをご案内♪

07P1470071.jpg


★ここは自由見学も可能ですが、今回はガイドツアーをお願いしての散策。

03P1470077.jpg


★正門前から出発。

02P1470064.jpg


★約50分のガイドツアーでは、ウイスキーの製造工程の説明を受けつつ、乾燥棟(キルン塔)、蒸溜棟、粉砕・糖化棟、一号貯蔵庫、ウイスキー博物館とめぐってゆきます。
最後には試飲会場があるニッカ会館で解散。
見学後はゆっくり試飲を楽しんだり、自由に敷地内を散策することができます。
ガイドツアーでは説明だけの、旧事務所や旧竹鶴邸を身に行くのもよいです。

工場敷地内の緑豊かな美しき季節の風景も見どころの1つ。

04P1470078.jpg

20P1470104.jpg


★今回は立ち寄った全ての施設での写真撮影はおこなっていないので、一部分だけで申し訳ございませんが、撮影してきた写真をご紹介。

単式蒸溜器(ポットスチル)が並ぶ蒸溜棟。
余市蒸留所では世界でここだけの昔ながらの「石炭直火蒸溜」が行われています。

05P1470074.jpg

06P1470068.jpg

08P1010122.jpg


★ニッカウヰスキーのポットスチルには注連縄が。
これは、創業者竹鶴政孝の実家が造り酒屋を営んでおり、その風習を取り入れたもの。
「良いウイスキーが出来ますように」の願いが込められています。

09P1010127.jpg


★写真の枚数が少し多いので記事は後編に続きます。

15P1470086.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2019/07/20 】 北海道:石狩・空知・後志 | TB(-) | CM(0)

夏の小樽天狗山

★今日は北海道小樽市の天狗山から夏の風景をお届けします。

11P1010142.jpg


★小樽天狗山は小樽市内を一望できる展望台からの眺望が魅力的な小樽を代表する観光施設。
お友だちと一緒に久しぶりにロープウェイに乗り天狗山山頂へ。

05P1470126.jpg


★訪れた日は少し霞んでいましたが、空気が澄んでいる日は眼下に積丹半島や暑寒別連山の姿も。

07P1010143.jpg

08P1010145.jpg

06P1470131.jpg


★他にも天狗の館や小樽スキー資料館、天狗山神社などの見どころも。
写真は天狗の館より。

01P1470112.jpg

02P1470113.jpg


★鼻なで天狗さん。
鼻に触れると願いが叶う…とか。

03P1470127.jpg

04P1470129.jpg


★夏の天狗山のお楽しみシマリス公園。
シマリスさんと触れ合える癒しの施設♪

めちゃめちゃかわいいのです^^

09P1010131.jpg

12P1470119.jpg

13P1470116.jpg

14P1470121.jpg

10P1010141.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
【 2019/07/19 】 北海道:石狩・空知・後志 | TB(-) | CM(0)
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中
月別アーカイブ