たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

ひめゆりの塔

★今日は沖縄旅行から2日目の最初に立ち寄ったひめゆりの塔の風景を中心にお届けします。




★沖縄戦の悲しい歴史の舞台のひめゆりの塔は、沖縄戦末期に沖縄陸軍病院第三外科が置かれた壕の跡に立つ慰霊碑です。
慰霊碑の名前は、当時第三外科壕に学徒隊として従軍していたひめゆり学徒隊にちなんでつけられています。

ひめゆりの塔ですが、写真中心部(やや右より)の小さな石碑がひめゆりの塔になのです。
奥の大きな慰霊碑は後になって作られたもの、とのことです。




★ひめゆりの塔の後ろには歴史の舞台の第三外科壕があります。(上の写真で見ると慰霊碑の前の大きな穴の部分です)
ここに立つと何かを感じるような気持ちになります。




★壕はここだけではなく、ひゆゆりの塔入口近くにもありました。
自然に出来た洞窟を利用して作られた壕をガマと呼ぶそうです。(ここは避難壕では無かったようです)




★ひめゆりの塔がある土地を寄付した儀間真一氏の顕彰碑です。




★大きなガジュマルの木も敷地内にはありました。
存在感のとてもある木でした。




★ひめゆりの塔の前で手を合わせた後はひめゆり平和祈念資料館にて、この場所で起きた歴史の勉強をしました。
内部は撮影不可なのでお写真はありません・・・
館内には色々な資料がありました。
そして、ひめゆりの塔の歴史を実際に体験した語り部さんがいらっしゃいました。
質問をしたりお話をしたり出来るのですが、私は言葉にならずでした。




★ひめゆりの塔の周辺には本当に沢山の慰霊碑や慰霊塔がありました。
ひめゆりの塔以外にも本当に沢山の犠牲があったことをひめゆり平和祈念資料館で学びました。






※ここから下の説明文はひめゆりの塔の歴史をwikipediaから抜粋したものを転載しています。

1945年3月24日、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の女子生徒及び職員総計240名(教師18名・生徒222名)は、南風原にある沖縄陸軍病院に看護要員として従軍していました。
しかしその後激しい戦闘が続き、日本軍の防衛戦が前田高地附近に撤退した4月24日頃には山容が変わるほどの激しい砲撃にさらされるようになったため、5月25日には陸軍病院そのものが回復の見込みのない負傷兵・学徒を置き去りにして南部の伊原・山城周辺に撤退し、分散して地下壕に潜んだのでした。
この際患者を収容する壕が確保できなかったために負傷兵は原隊への復帰が命じられ、病院としての機能は失われていたという。

戦局が絶望的になると、6月18日、学徒隊は解散を命じられれます(看護婦採用試験合格者を除く)。
しかし、既に沖縄のほぼ全域をアメリカ軍が支配しており、また周辺も既に激しい砲撃にさらされていたため、地下壕から出ることはほとんど死を意味しました。

最も被害を受けたのは第三外科壕の学徒隊です。
第三外科壕は19日朝、黄燐手榴弾などの攻撃を受け、壕にいた96名(うち教師5名・生徒46名)のうち、87名が死亡しました。
さらに壕の生存者8名のうち教師1名(玉代勢秀文)と生徒2名(仲田ヨシ、又吉キヨ)は壕脱出後に死亡しました、
従って、第三外科壕にいたひめゆり学徒隊のうち沖縄戦終結まで生き残ったのはわずかに生徒5名のみです。
文学作品では、発煙弾である黄燐手榴弾の攻撃を毒ガス弾によるものと誤認していますが、毒ガス手榴弾は米軍では使用していなかった。
なお、化学兵器になると現地司令官の裁量で使用出来るものではなく、最低でも方面軍司令官の命令が必要なものである。

第一外科壕、第二外科壕は、アメリカ軍の攻撃を事前に察知し、19日未明までに地下壕から脱出しました(そのうちの一部は第三へ避難)。
しかしこれらの学徒隊もその後の激しい戦闘で多くが死亡しました。
ひめゆり学徒隊240名中、死亡者は生徒123名、職員13名ですが、このうち解散命令以後に死亡したのは117名で全体の86%にものぼり、さらに判明しているだけでも全体の35%にあたる47名が第三外科壕に攻撃があった6月19日に亡くなっています。



※今回の沖縄旅行では盛幸タクシー様にお世話になりました。
http://moritaxi.ti-da.net/

※今回使用のお写真は私が撮ったものと相方が撮ったものが混ざっています。


★ランキング参加していたりです。
もしよろしければぽちっと押してくださるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 人気ブログランキングへ

※たるるの独り言(・ω・)・・・私とかえたんの日記帳ですがもしよろしければ。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト
【 2012/04/10 】 沖縄県 | TB(-) | CM(12)
No title
こんばんは♪
沖縄南部は歴史の舞台になっている場所が沢山ですよね。
琉球王朝の歴史を学べる首里城に、沖縄戦を学べる首里城、そして沖縄の文化を学べる琉球村。
沖縄へ訪れる皆さんにも足を運んで欲しい場所が沢山ですよね。

沖縄には今も色々な問題が沢山です。
今日も沖縄の映像をテレビで見ました。
本当の意味での平和が訪れることは沖縄の人々が安心して暮らせるようになること、なのかもしれませんね・・・
早く本当の平和が訪れるように政府にも積極的に行動して欲しいと願います。
【 2012/04/11 】 編集
No title
こんばんは♪
修学旅行でも必ず立ち寄る観光スポットですよね。
こまさん達が高校生に時に歌ったお歌はお空に響き渡ったのでしょうね^^
【 2012/04/10 】 編集
No title
こんばんは♪
こちらこそ、いつもコメントとご訪問ありがとうございます^^
私の祖母のお家には防空壕がありました。
北海道も青森も第二次世界大戦の舞台になっているのだと思います。
でも沖縄や長崎、広島のお話は本当に胸が締め付けられる思いです。
戦争で犠牲になってしまった人々の為にも平和であること願いたいです。
震災も同じ日本での出来事。
一人でも多くの人々が自分の出来ることで手をさし伸ばしてほしいです。
みゆきんさんには頭があがりません。
現地に行けない私からも、よろしくお願いします。
【 2012/04/10 】 編集
No title
こんばんは♪
沖縄本島は2度目なのですが、今回も手を合わせに立ち寄りました。
以前ここに来た時は資料館がなかったので、資料館は今回が初めての訪問でした。
資料館を見学中、言葉が出てきませんでした。
本当に胸を締め付けられる思いです。
戦争をしらない平和な世代の私達も、戦争の現実を学んで、多くの犠牲になった人々の為にも平和を大切にしたいと思います。
一人でも多くの人々に足を運んでもらって何かを感じてもらいたいです。
【 2012/04/10 】 編集
No title
こんばんは♪
沖縄戦の悲劇、繰り返してはいけないと思います。
私も資料館を見学している時は言葉が出てきませんでした。
語り部さんがいらっしゃったのにお声をかけることも出来ませんでした。
もう二度とこのような歴史を繰り返してはいけないと思います。
今の平和の影には沢山の犠牲があること忘れてはいけないですね・・・
【 2012/04/10 】 編集
No title
こんばんは♪
ひめゆりの塔は実際にこの場所に立つと本当に戦争の悲惨さを感じてしまいます。
いつも犠牲になってしまうのは一般人ですね・・・平和な世界を願いたいです。
【 2012/04/10 】 編集
No title
沖縄に行った際、首里城と、琉球村と、ひめゆりの塔に行きました。レンタカーで結構時間かかりましたが、沖縄の歴史に触れることのできる良い場所だと思いますね。
今もなお、近国のミサイル実験に緊張の走る沖縄…。早く本当の平和な世界になってほしいものですね。
凸d(^ー^)pochi!
【 2012/04/10 】 編集
No title
うささん、こんにちは♪

私も「ひめゆりの塔」には、行きました。
高校の修学旅行時の事なので、かなり記憶が薄らとしているのですが・・
みんなで、何かの歌を捧げました。
【 2012/04/10 】 編集
No title
うさちゃん、いつもコメを有難う
ひめゆりの塔は一度だけ行きました
戦争とは・・・
隣の県の青森は遠い
だけど沖縄は近かったのね(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
何ちゃって、北海道には去年行けなかった・・・
震災のボラで行けなかった
今年もボラしてるから行けない
だけど来年はまた行くぞーーーーーーーっ
身内が一番多い北海道はデッカイドー
来るのに貼ってた熊出没のステッカーが剥げちゃった(┯_┯)
【 2012/04/10 】 編集
No title

うささん こんにちは

ひめゆりの塔にもお出かけになったのですね
ひめゆりの塔近くの摩文仁には
県立の大きな平和祈念資料館がありますけれど
県立のほうが沖縄戦の全貌を把握できるのに対して、こちらのひめゆり資料館は
女性の立場から見た沖縄戦・・という色合いが強くて、私も毎回、訪れるたびに胸がいっぱいになって言葉を失ってしまいます。

意外とこの資料館はご存じないかたがいらっしゃるので、特に女性のみなさまに行って欲しいなぁと 私はいつも思います。
【 2012/04/10 】 編集
No title
私も沖縄に行ったらひめゆりの塔には
立ち寄りたいと強く思っていました。
資料館ではあまりの悲惨さに
言葉もありませんでした。
大勢の方たちの犠牲の上に今の
平和があって、忘れてはならないですね。。。
【 2012/04/10 】 編集
No title
こんにちは^^

ひめゆりの塔は友人から話を聞いたことがあったんですが、
写真付きで見ると、
より一層沖縄の歴史、戦争の悲惨さを感じられますね(>_<)
【 2012/04/10 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Thank you for visiting
★ご訪問ありがとうございます。

旅行やお散歩が好きな方、ペットが好きな方、お写真好きな方など、気の合いそうな方とブログを通してお互いのペースで、交流できればとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中