たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

JR南小樽駅から向かう堺町通り

★今日はJR南小樽駅から小樽市中心部の観光客で賑わう「堺町通り」までの風景をお届けします。

02P1020120.jpg


★起点はJR南小樽駅。
小樽駅の1つ手前の駅で、周りは住宅街です。

01P1020122.jpg

03P1020121.jpg


★駅を出て、左手に進み、分岐を左に進んでひたすら真っ直ぐ(笑)
私でも迷わず、小樽市内の観光地スポットに到着します。
小樽駅を起点にするよりも、無駄なく歩けるのでオススメコースです♪

歩き始めてしばらくは小樽の街並みを見下ろしつつ住宅街の中をてくてく。
傾斜8度の「三本木急坂」を下ります~!(帰りは小樽駅から帰るので、登りはないよ♪)
丁度道路の脇に除雪された雪山を撤去する作業中でした。
北海道の冬は、こんな光景があちこちで行われています。

05P1020125.jpg


★これは雪かきセット(笑)
ママサンダンプ(スノーダンプ)は子供の頃乗って遊んだような記憶も・・・^^;

04P1020129.jpg


★数分歩くと堺町通りが見えてきます。
小樽オルゴール堂やルタオ本店の並ぶ「メルヘン交差点」。
いつも沢山の観光客の皆さんが思い思いの時間を過ごしている場所です^^

06P1020128.jpg

07P1020137.jpg


★歴史的建造物とたくさんのお土産屋さんなどが並ぶ「堺町通り」の風景。

08P1020141.jpg

09P1020142.jpg


★1907年に建てられた「旧久保商店」。

【小樽市HP・久保商店前看板より】
この建物は、小間物雑貨卸を営む久保商店の店舗として建てられました。
現在は、和風商店の趣を残しながら喫茶店に再利用されていて、堺町通りの歴史的景観を形成する主要な建物になっています。
久保商店時の写真によれば、道路側の下屋は母屋から蔵(木骨石造)まで一体に続き、蔵は前後に2棟並んでいて、母屋の1階は店先として開放できる引戸が入っていました。

10P1020143.jpg


★現在は小樽大正硝子館として利用されている「 旧名取高三郎商店 」。

【小樽市HP・旧名取高三郎商店前看板より】
山梨県出身の銅鉄金物商名取高三郎が、明治37年の稲穂町大火後に建てた店舗で、裏手に住宅や倉庫を連ねていました。
角地に建ち、西側と南側に開いた形で防火のための袖壁(うだつ)を設けています。
外壁には札幌軟石が使用されており、上部壁体を鉄柱で支える構造となっています。
小樽の明治後期の代表的商家建築といえます。

11P1020145.jpg


★小樽大正硝子館は2月開催の「小樽ゆきあかりの路」で雪だるまがいっぱい並ぶ区域。
お邪魔した時にはもう雪だるま製作に入ってました^^
今年もかわいい子達がいっぱいの予感ですよ♪

12P1260338.jpg

13P1260337.jpg


※しばらくの間コメント欄を閉じさせてください。
皆様のブログへのご訪問も読み逃げになってしまったり、後日のご訪問になってしまったりすることもありますがお許しください。


★ランキング参加中です、よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 人気ブログランキングへ

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳ですがもしよろしければ。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/01/28 】 北海道:石狩・空知・後志 | TB(-) | CM(-)
Thank you for visiting
★ご訪問ありがとうございます。

旅行やお散歩が好きな方、ペットが好きな方、お写真好きな方など、気の合いそうな方とブログを通してお互いのペースで、交流できればとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中