FC2ブログ

たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

毛越寺 開山堂から常行堂へ

★今日は岩手県平泉観光より「毛越寺」の開山堂から常行堂までの風景をお届けします。
※トップの写真は常行堂前の地蔵菩薩さま。

25P1430706.jpg


★毛越寺境内をぐるっと一周する中間地点に建つ「開山堂」。
ここは毛越寺を開いた慈覚大師円仁さまを祀るお堂です。

16P1430687.jpg


★開山堂を過ぎるとお堂やお寺の跡地である広々とした空間が続きます。

開山堂に一番近い場所にあるのが「嘉祥寺跡」。
二代基衡公が工を始め三代秀衡公が完成させたお堂と言い伝えられています。

17P1430693.jpg


★「講堂跡」。
基衡公が建立したといわれる仏法ほ説き仏法を聴く堂舎。
建物は1573年の戦火にして消失。

写真は無いのですが講堂跡より向かって池側に、経文を納める建物「経楼跡」がありました。

18P1430695.jpg


★「金堂円隆寺跡」。
基衡公建立の勅願寺。
万宝を尽くして建てられた毛越寺の中心的お堂だったそう。

19P1430697.jpg


★大泉が池に水を引き入れるためにつくられた「遣水」と呼ばれる水の流れ。
庭園の発掘中に当時の姿のまま発見されたそう。
毛越寺の遣水は平安時代の唯一の遺構で奈良の宮跡庭園を除いて他に例がなく大変珍しいもの、とのこと。

毎年新緑の頃には「 曲水の宴」が開催されます。

21P1140593.jpg

22P1140594.jpg


★「鐘楼堂」。
現在の鐘楼は人間国宝・香取正彦氏が1975年に造られたものです。

26P1430710.jpg


★「常行堂」。
1732年に再建された宝形造りの建物。
本尊・宝冠は阿弥陀如来、両側には四菩薩、奥殿には秘仏として崇められる摩多羅神が祀られています。
奥殿の扉は普段は閉ざされており、33年に一度御開帳されるそう。

毎年正月20日には国指定重要無形民族文化財である「延年の舞」が奉納されます。

23P1430700.jpg

24P1430708.jpg


★現・常行堂の隣に広がるのが「常行堂跡・法華堂跡」。
発掘調査により常行堂跡が再建された常行堂とは位置とは違うことが判明。
かつての常行堂と法華堂は2つの建物を結ぶ渡廊とともに一体として建築され、ある時期まで並存していたのでは?と考えられているそうです。

20P1140595.jpg


★常行堂跡・法華堂跡の見学を終えた後は、かつてのこの地はどんな風景だったのかな…なんて妄想しながら山門に戻り参拝終了です。
いつかまた紅葉の季節にたずねてみたいです。

27P1430714.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
関連記事
スポンサーサイト
【 2019/03/14 】 岩手県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Thank you for visiting
★ご訪問ありがとうございます。

旅行やお散歩が好きな方、ペットが好きな方、お写真好きな方など、気の合いそうな方とブログを通してお互いのペースで、交流できればとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中
Instagram
月別アーカイブ