FC2ブログ

たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

中尊寺 大日堂・阿弥陀堂・金色堂・経蔵・旧覆堂・大長寿院

★今日は岩手県平泉観光より「中尊寺」の大日堂・阿弥陀堂・金色堂・経蔵・旧覆堂・大長寿院の風景をお届けします。

51P1430613.jpg


★1802年に再建された「大日堂」。

46P1430602.jpg


★御本尊は金剛界大日如来です。

47P1430604.jpg


★1343年に、金色堂別当頼栄の発願によりつくられた盤渉調の「鐘楼」。
現在は長い歳月に渡る打鐘により撞座は窪み、この鐘を突かれることは滅多にないそう。
銘文には、建武4年(1337)に山内の堂塔が火災により焼失した旨が刻まれている。

48P1430608.jpg


★1715年に再建の「阿弥陀堂」。

49P1430609.jpg


★中尊寺一番の見どころである、国宝建造物第1号「金色堂」へ向かう道。
金色堂は写真の奥に見える建物の中に存在します。
内部は撮影不可であるため写真はありませんが、黄金に光輝く美しい建物がありました。

金色堂について。
1124年に棟上された中尊寺創建当初の姿を今に伝える唯一の建物で、お堂の内外に金箔を施した阿弥陀堂。螺鈿細工・透かし彫り金具・漆蒔絵と平安時代後期の工芸技術が終結し、建物そのものが美しい工芸品のようでした。

50P1430610.jpg


★「中尊寺経蔵」。
創建当初は2階瓦葺と伝えられていますが、1337年の火災にて上層部は消失。
残された創建時の古材を使用し再建されたといわれています。

51P1430615.jpg


★松尾芭蕉の句碑と銅像。

52P1430618.jpg

53P1430619.jpg

54P1430620.jpg


★金色堂を風雪から守るため1288年に建てられたと伝えられる「旧覆堂」。
松尾芭蕉をはじめとする歴史上の人物も、このお堂に入り金色堂の参拝をしたそう。

金色堂の解体修理(昭和の大修理)の時に今の場所に移築されました。
何度かの増改築を経て現在の建物は室町時代に建てられたのでは?と考えられているようです

55P1430624.jpg


★旧覆堂は内部に入ることができます。
 
56P1430626.jpg

57P1430628.jpg


★1863年再建の中尊寺塔頭の「大長寿院」。
西谷坊とも呼ばれています。

58P1430631.jpg


★850年に円仁の孫弟子釈円教創建とも、1107年に藤原清衡が創建した阿弥陀堂が始まりともいわれています。

59P1430632.jpg

※雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」・・・私とかえたんの日記帳です。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com/
関連記事
【 2019/05/25 】 岩手県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中
月別アーカイブ