FC2ブログ

たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

五箇山:岩瀬家2

★今日は五箇山の岩瀬家の様子をお届けします。


★囲炉裏のあるお部屋に入る前の襖です。
部屋自体もとっても広いので襖も長くてすごく見栄えがあったりなのです^^






★囲炉裏のあるお部屋から上の階へ行けます。
階段のようなはしごのような階段を登って2階へ行きます。(この写真は2階から3階へ行く階段だったはずなのですがこんな感じの階段なのです。)




★2階はこんな感じです。
広い空間に当時使っていた物などが展示しています。
昔は蚕を飼ったりして暮らしていたそうです。
床板が透かしの目並になっているのは、春蚕時に下の炉からの暖をとり通風を良くする為とのこと。

煤の作る独特の黒さがとってもキレイなのです^^








★これは上を見上げた写真です。
合掌造りはすべて縄とネソ(まんさくの木)で結びあげ、釘は一切使ってありません。




★合掌造りの三角形の部分の窓を撮ってみました。




★上の写真を撮った場所に行くために使った階段・・・かなり急でちょっと怖かったりです^^;




★岩瀬家の見学を終わったあとまた囲炉裏のある場所で岩瀬家のお母さんがこきりこ踊りやお歌を歌ったくれたりしました。

(はやし)まどのサンサもデデレコデン
      はれのサンサもデデレコデン

一、筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ
一、踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある
一、向の山を担ことすれば 荷縄が切れてかづかれん
一、向の山に啼く鵯は 啼いては下がり啼いては上がり
  朝草刈の目をばさます 朝草刈の目をさます
一、月見て歌ふ放下のコキリコ 竹の夜声の澄みわたる
一、万のササイ放下すれば月は照るなり霊祭
一、波の屋島を遁れ来て 薪樵るてふ深山辺に
  烏帽子、狩衣脱ぎ棄てて 今は越路の杣刀
一、娘十七八大唐の藁じゃ 打たねど腰がしなやかな

一、想いと恋と笹舟に乗せりゃ 想いは沈む恋は浮く
一、イロハの文字に心が解けて 此身をせこに任せつれ
一、かぞいろ知らで一人の処女が いつしかなして岩田帯
一、向いの山に光るもんにゃ何じゃ 星か蛍か黄金の虫か
  今来る嫁の松明ならば さしあげてもやしゃれやさ男
一、漆千杯朱千杯黄金の鶏一番
  朝日かがやき夕日さす三つ葉うつ木の樹の下に
一、色は匂へど散りぬるを 我世誰ぞ常ならむ
  憂ゐの奥山今日越えて 浅き夢みし酔ひもせず

この歌や踊りは伝統文化として学校でも習うみたいで子供さんも歌えるそうです。


★私達はこきりこの竹の使い方を教えてもらいました^^
「筑」は「竹」の意味である。放下師(大道芸人の一種)が用いた楽器で、五箇山ではすす竹を七寸五分に切り、指先で回しながら打ち鳴らす・・・
のですが、不器用さんの私にはむずかしい><
この異常にキレイな手は私の手ではありませんwうちの相方の手なのです・・・指長いの、うらやましいw




★色々と岩瀬家のみなさんに教えてもらいつつここを後にしました、とても勉強になりました
この後いよいよ目的地の白川郷に入ります・・・

関連記事
【 2010/04/01 】 富山県 | TB(-) | CM(16)
No title
変態のお手手ですw
いつ見てもキレイな手だよね^^;
指も長いし爪の形もいいし・・・でかいけどw

竹はくるくるぶつけ合いながら回す感じなんだけど不器用な私にはむずい・・・
私以外は余裕でこなしていたのできっとこよたまも出来そう^^
優しく響く感じの音です^^
【 2010/04/04 】 編集
No title
えるるさんのおててが…。
くうぅ、いつ見てもネイル塗りたくなるのは私だけかなぁ(´∀`)Φ
自分もまんまるぷくぷく手なので悔しいっw

竹の演奏体験面白そうです♪
「コーーン」と響く感じの音なのかな?
【 2010/04/02 】 編集
No title
石碑が横から見るとお顔に見えますよね!
説明受けなかったら見逃してしまうところでした。
偶然なのかそう作られているのかはわからずなのですがすごいなぁって思いました^^

今も実際にここで暮らしている方がいるお家なのでほんと色々なお話を聞かせてもらいました^^
釘がないお家ってすごいですよね!
ネソも乾燥すると硬くなるから頑丈に固定できるとかほんと知恵がつまっているんですよ!
シロアリの駆除と家が腐るのを同時に防止しちゃうのもほんと知恵ですよね^^
階段は滑らないように紐が巻いてあるのだけどとっても急なのでやっぱりちょっと怖いです^^;
でもこれも工夫ですよね!
飾り彫りもとってもかっこいいですよね♪
襖の向こうにはお雛様が見えるのも気に入ってたりです^^
【 2010/04/02 】 編集
No title
すごいですよね。数百年も壊れず建ってるお家。
昔の人の知恵ってほんとすごいなぁっていつも思います^^
ここの岩瀬家で8年の歳月をかけて造られたそうです。長い月日ですよね。
今と違って機械なんかも無いので高い部分を組み立てるのとかとっても大変だったのだろうなぁって思ったりです。
今の建築の技術もすごいですけどね^^

ティアママさんは子供の頃茅葺のお家に住んでいたのですか?!びっくりです。
ぬくもりのあるお家で育ったのですね^^
やっぱり釘は使わず建てられていたのかなぁ?!
うちのおばあゃんの家に屋根裏部屋があったので三角形の部屋は懐かしく感じたけどおばあちゃん家は木造でした。
おばあちゃんのおうちは鍛冶屋さんなので釘はちゃんと使ってました(笑)
【 2010/04/01 】 編集
No title
本当だ。石碑が顔に見えました。あれって偶然そう見えただけなの。それとも顔になるように作ってるのかなぁ。とにかく面白いです(笑)

実際に生活しているお家に行くからこそリアルな話が聞けるんだよね。それにしても昔の人ってすごいなぁ。よく釘とか使わずに家を建てれるもんだ。しかもシロアリ駆除も同時にやるなんて天才すぎる。階段は急勾配だけど踏むところに紐がまきつけてあるんだ。これならすべりにくいね。欄間の飾り彫りもとてもカッコいいです♪
【 2010/04/01 】 編集
No title
こんばんは♪
囲炉裏のある風景ってそれだけでも暖かい気分になれますよね^^
昔からの知恵がつまったお家や風景ずっと残しておいて欲しいです^^

私の手も小さいですよ、爪はまんまるだし;(ネイルが似合わないのなんの><)
なので私の手だと思われてしまうとしょんぼりなので相方のだって書いておきました^^;
手も大きいけど指も長いし爪もいい形でうらやましい限りです><
【 2010/04/01 】 編集
No title
こんばんは♪
合掌造りの建物は外観もとってもステキなのですが中もステキですよね^^
見学させていただけるおうちが何件かあるので五箇山や白川郷にお立ち寄りのときは家の中もオススメなのです^^
色々なお話を聞かせてくれますし^^
人も家も暖かい気分になれます^^
昔の人の知恵を色々聞かせてもらえるのもためになりますしね^^
階段はちょっと怖いけどいい経験です^^
私のおばあちゃんの家の階段も急だったけどそれ以上なのでした><
【 2010/04/01 】 編集
No title
こんばんは♪
階段はとっても急で健康な脚の私でもちょっと怖かったです><
昔ここに居た方々は足腰は丈夫だったのかしら?
そんなことを思ったりしました。

昔の人の知恵のつまった建物すごいですよね。
釘を使わずこんなに丈夫で長持ちして大雪や台風にも耐える建物ってすごいなぁって思います。

蚕は怖いですよね><
でもまゆ玉はキレイだと思ってしまう私です^^;
でも夜中に上から蚕抜け出してきたらパニックです><

石像は偶然のものだと思うのだけど人のお顔に見えますよね^^
【 2010/04/01 】 編集
No title
スゴイですね、合掌造りには沢山の知恵がギュッと詰まってるんですね(^^)
釘を使わず建築するから、丈夫で長持ちする
んですよね・・・
一軒の建築にどれだけの月日がかかったのでしょうね???
今はアッという間に建築できちゃうけどね(笑)

私が子供の頃の家は茅葺屋根だったんですよ!
縄とネソで結ばれた建築法、とても懐かしく見させてもらいましたヘ(ё_ё)ノ
岩瀬家の足元にも及ばない広さでしたが・・・
【 2010/04/01 】 編集
No title
岩瀬家のお父さんもお母さんもとっても親切なのです^^
優しい感じのするお父さんですよね^^
羽根突きに使ってたいみたいな葉っぱはこれが普通の形でした。
木から直接採って手に乗せてくれました。
ほんと突いてみたらちゃんと羽根突き出来るんです^^ 
かわいい実ですよね♪

蚕が沢山の様子は私も想像すると・・・かなり怖いです><
でも絹のよさもわかる気がするし、大切な産業だったのかなぁって思います。
でも寝ている上の階で蚕が沢山いるのは想像したくないですよね^^;
【 2010/04/01 】 編集
No title
こんばんは♪
階段はかなり急でちょっと怖い感じです><
スリッパ貸してくれるんだけどスリッパでは怖くて登れません;
合掌造りは釘を使わず作られた建物ってすごいですよね。
とっても大きくて何百年も持つ建物が釘を使わず建っているのってほんとすごいことだと思ったりです。
【 2010/04/01 】 編集
No title
懐かしいですね~。多分もう6年以上合掌造りに入ってないですが・・。
やっぱり日本の文化は素晴らしいなぁと思います。囲炉裏のある風景は残してほしいですね☆

それにしても相方さんの手がきれいでうらやましい・・。私、手がちっさいのでちょっぴりコンプレックスだったりします。
【 2010/04/01 】 編集
No title
こんにちわ~^^
合掌造り、外からの外観もいいですが、中もとてもすてきですね~!
蚕を飼っていた部屋や、あの急な階段、囲炉裏のある部屋が、写真見ただけでも雰囲気があっていいですね~
階段の上り下りは大変そうですが^^;
随所に昔の人の知恵があるし…私も行ってみたくなりました~!><
【 2010/04/01 】 編集
No title
うささん、急で怖い階段ですね(><
私降りられないかも・・・・
合掌造りって釘も使ってないのに・・不思議。
昔の人の知恵ってスゴいですね。

ところで蚕を飼ってる生活はできません!
私、階段より蚕が怖いです。

↓石碑、人の顔だったり、モアイ像だったりで、
ほんとにそう見えますね♪

【 2010/04/01 】 編集
No title
「岩瀬家1」の記事の中で、お父さんが「ヒョイ♪」とカメラの方を向いていたりとか、ぶんぶく茶釜な写真とかイイですねぇ! >_<
昔に羽根突きで使っていたという「種」って、フツウに自然な感じで葉っぱで出ているんですか? @_@

「急な階段だなぁ!」とか「へぇ~っ。ココに蚕が・・」と思って記事と写真を見ていましたけど、蚕が数え切れないほどいた様子を想像してしまって「ブルッ」としてしまいました。 >_<:
【 2010/04/01 】 編集
No title
こんにちは。
 あらあら凄い階段だわ
 登るのがちょっと怖い感じだわね?
合掌造りはすべて縄とネソで結びあげ釘は使用
 していないのにこんな立派なものが・・・・
 不思議と言えば不思議だわ
 技術なんだろうなぁ・・・。
【 2010/04/01 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
★好きなもの:かえたん(我が家のパピヨン♀)・旅行&お散歩・食べること・写真・動植物・競馬(好きな馬はウオッカ)・うさぎの小物…他にも色々(カラオケやゲームなど)。

★日記ブログたるるの独り言(・ω・)もよろしくお願いします。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
高眼圧症(緑内障)&ドライアイで眼科専門医を通院中
月別アーカイブ